雑記

SSD換装でLenovoデスクトップPCを3倍速する。

PCが遅い/重いと感じている場合、SSD換装することで劇的に改善することができます。

先日私のPCもSSD換装を行って、爆速PCに生まれ変わりました。

せっかくですので、必要なものから作業手順まで、記録しておこうと思います。

SSD換装前後での速度の違い

一般的なPCは安価なHDDが使用されています。

SSDはHDDよりも高価ですが、静かでデータの読み書き速度が3倍くらい異なります。

CrystalDiskMarkというツールを使って読み書きの速度を計測しました。
数値が高いほど、読み込むスピードが速いです。(左がSSD換装前、右がSSD換装後)

CrystalDiskMarkのインストールと使い方

SSD換装について

SSD換装は以下2パターンどちらかで行うことができます。
・データクローン(既存のデータを新しいSSDにコピーしてそのまま使う。)
・クリーンインストール(新品のPCを入れなおすイメージ)

今回私はクリーンインストールを行っています。

必要なもの

・デスクトップPC    ※当手順では、Lenovo V520 Mini-Towerを使用します。
・Windowsインストールディスク ※取得方法は後述。

・SSD      :画像右
Samsung SSD 860 EVOシリーズ 500GB(ベーシックキット) MZ-76E500B/IT

・SATAケーブル  :画像の赤いやつ
・パワーケーブル :画像の色が多いケーブル
・ブラケット   :画像左下 ※今回私は買いましたが結局使いませんでした。
【セット】Inateck 2個2.5インチHDD・SSD取り付け可能の変換フレーム、3.5″~2.5″内蔵HDD増設用フレーム、SSD変換ブラケットアダプター インストールツール+電源/データケーブル各2本付属

SSD換装方法

windowsインストールディスクの作成

持っていない方は以下を参考に、インストールディスクを作成してください。

Windows10インストールディスクを作成する

SSDを接続する

1.上下2か所のねじをはずします。

2.手前に引きます。

3.右の3つのツメを外して、正面カバーをはずします。

4.横に倒して、引っ掛け(?)を押しながら手前に引っ張る。

5.開けるとこんな感じ。

6.右側にあるHDDから、SATAケーブルとパワーケーブルを外します。
購入したSATAケーブルは基盤に接続します。

7.SATAケーブルとパワーケーブルをSSDにさして、HDDからは抜く。
(SATAケーブルは元から刺さってたのでも、新しいのでもどちらでもOK)

インストールディスクによる初期化

この後また配線をいじるので、PCは開けたまま作業してください。
(ファンが回るので気を付けてください。)

1.起動後に「Press any key~」がでたら、適当なキーを押すとこの画面になります。「次へ」。

2.今回はクリーンインストールなので、「今すぐインストール」。

 

3.「次へ」。

4.綺麗に入れなおすので、カスタム(下)を選択。

5.「新規」。

6.「適用」。

7.「次へ」。

8.初回購入時と同じ設定方法でセットアップしてください。
ホーム画面まで行けたらシャットダウン。

9.SATAケーブルとパワーケーブルそれぞれを、HDD/SSDに接続。
パワーケーブルは、タコ足配線。

10.Cドライブにウィンドウズマークがついていて、新しくEドライブができていれば成功。

11.配線はもういじらないので、PCを元の状態に戻す。

HDDのフォーマット(必要な場合のみ)

1.Eドライブから必要なものをCドライブに移動する。

2.「PC」を右クリック>管理をクリック。

3.記憶域>ディスクの管理をクリック。

4.Eドライブで右クリック>フォーマットする。ポップアップは初期値でOK。

5.Eドライブがきれいになりました。

最後に

SSD換装をしたことで、サクサクPCライフを送っております。

皆さんも、是非遅いHDDからSSDに切り替えてみてはいかがでしょうか。

ご意見、ご感想等ございましたら、↓よりコメントお願いします。励みになります。

以上です。今後ともよろしくお願いします。

-雑記

Copyright© 婿入りエンジニア、ブログ書く , 2019 All Rights Reserved.